【6月に結婚をすると幸せになれる?ジューンブライドって?】

こんにちは!eスポーツ×就労継続支援B型事業所ONEGAME高槻です!

早いもので、6月に入って1週間が経ちましたね。1年の半分がそろそろ終わりますが、皆さんは年始に立てた目標は順調に進んでいますか?もしかしたら、年の途中で新しい目標が生まれたという方もいるかもしれませんね。

さて、6月といえば何を思い浮かべる方が多いでしょうか。前回の記事のように、雨というのも6月のイメージかと思われますが、ロマンティックなイベントの月でもあるんです。”ジューンブライド”というフレーズを耳にしたことのある方も多いかもしれません。6月の結婚・6月の花嫁を意味する言葉ですが、ヨーロッパに古くから伝わる伝承です。ジューンブライドにはいくつかの由来があります。今回は、それをご紹介します。

・古代ローマ最高の女神が由来という説

1つはローマ神話の”女神ユノ”が由来という説です。女神ユノはローマ神話の主神ユピテルの妻で、結婚・出産・育児の象徴であり、女性・子供・家庭を守る神とされています。ローマ神話では1月〜6月までそれぞれの月を守護する神がいて、ユノは6月を守る女神です。さらに、ユノはアルファベットで「Juno」と書き、英語の6月である「June」の元になっています。このことから、6月に結婚すると幸せになれると言い伝えられています。

・ヨーロッパでは6月が結婚に最適だからという説

日本の6月は梅雨の季節ですが、ヨーロッパには梅雨がありません。ヨーロッパの6月は平均気温が20℃前後で、湿気も少なく、さらに日没が22時近いのも特徴です。また、夏のバカンスを大事にするヨーロッパにとって、6月の結婚式は都合がいいというのも理由の1つに挙げられます。

・日本に広まった理由

日本の6月は夏の前で気温はちょうどいいとはいえ、梅雨の時期で結婚には不向きとされています。日本のジューンブライドはホテル業界やブライダル業界が、この6月のイメージを変えるために1960年代後半からアピールを始めました。当初は効果は薄かったものの、式場の空調設備が徐々に整い、屋内の演出なども充実してきたことから少しずつ世の中に浸透してきました。現在では、4月・5月と6月の挙式数はほとんど変わらないといわれており、多少の雨の不安があっても6月に結婚を望むカップルが多いことを感じさせるデータですね。

最近のゲームには、プレイヤー同士がチャットを通してコミュニケーションを取りながら、一緒に冒険を楽しんだ相手と結婚できるゲームもあります。昔はゲームといえば1人かリアルな対人関係で行うことがメインでしたが、これもインターネットの普及によって生まれた新しい楽しみ方ですね。

🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮🎮

ONEGAME高槻では利用者様を募集しています!

一度見学に足を運んでみませんか?

2023年3月オープンしたばかりのピカピカの事業所✨

見学・体験会は毎日実施中!

最新の設備とプロによる直接指導で、あなたの「好き」を仕事にしませんか?

https://onegame-takatsuki.com

JR京都線「高槻駅」みなみ西口より徒歩1分≪新快速で京都駅から1駅≫

阪急京都線「高槻市駅」より徒歩8分

駅近でアクセスの良い立地です♪

定休日:土日祝

サービス提供時間:10:00〜16:00

営業時間:9:00〜18:00

#eスポーツ #ゲーム実況 #声優 #MC #イベント #音響

#映像 #就労継続支援B型 #大阪 #高槻 #駅ちか